座禅をするゲーム・・。

最新のアップデートで日本語でのキネクト操作が出来なくなったりとその存在感が薄れつつある残念なキネクトですが、海外ストアで今週セール中の『"ZAZEN", zen meditation game』と言うキネクトゲームを購入したので少しプレイしてみました。

現在価格は通常より3$割引されて6.99$になっていますので気になる方はチェックの程を。

 

配信時にもゲームとは思えない内容にユーザー内で話題にもなりましたが開発は日本の「南国ソフト」と言うメーカー。

日本のメーカーなので日本ストアでも配信してほしいとの声も上がりましたが、諸事情あるらしいので日本での配信はあまり望めないでしょうかね。

ゲームのモードは「座禅」「写経」「読経」の3種類。

 

一応海外ゲームなので一部を除いてはほとんど英語字幕になっていますが、説明などの音声はすべて日本語なので特に困ることは無いかと思います。実績の方も英語です。

 

「座禅」モードはその名の通り座禅を組むモードです、キネクトだけど動いてはいけないゲームとはこれいかに。

最初に座禅の組み方の説明や、座禅前の準備運動的な”自按摩”と言う物を行います。

 

その後座禅に入るのですが、自分の日頃の姿勢が悪いのか背筋を伸ばして体制を保つのが結構大変・・。

最初のレベル1では3分間座禅をしますが、きちんとした姿勢を保ちつつ動かず座禅をしていないと全然スコアがたまりません、雑念がありすぎでしょうね。

 

なお、全然スコアが増えないという場合は設定を調整した方が良いかもしれません。

設定の「Kinect Setting」の「Sensitivity」と言う項目がキネクトの感度になっています。

 

ちなみに、座禅中きちんとした姿勢・動きのない体制がきちんととれている場合は音がなります。

逆に、動いてしまっている場合や姿勢が偏っている場合は音声で指示されます。

 

「写経」モードは手を使って画面に表示されるお経の文字をなぞって文字を書いていくモード。ゲームなのかこれは?

手のひらの開く・閉じるで文字の太さを調整できるのでうまく使って書いていきましょう。

 

「読経」はお経を実際に声に出して読んでいくモード、プレイしているのを親に聞かれたら何事かと思われることでしょう。

 

ゲームとして面白いのかと言われると「・・・」となってしまいますが興味の沸いた方がいたら、キネクトと言う財産活用のためぜひご購入検討の程を。このゲームの実績をコンプした先には何か新たな境地が開ける・・・かも(´・ω・`)